本2冊_画像.jpeg

その花粉症、死ぬまで放置しますか?

「そもそも分子栄養学ってなに?」

という方のために、ズバッと一言で説明すると、

症状を引き起こしている真犯人を突き止めて、症状を根っこから取り去るための学問

と言い換えることができます。
 

例を出しましょう。

ぼくは24年間鼻炎に苦しみましたが、どれだけ耳鼻科に通っても1ミリも治りませんでした。

それもそのはず。耳鼻科の先生はぼくの「鼻」しか見ていなかったのですから。

鼻炎は、症状が出ているのは「鼻」だけれども、犯人はたいてい別の場所に隠れています。
 

じゃあ、犯人はカラダのどこに隠れているのか。

いろんな手がかりをもとに、犯人を見つけ出すのが「分子栄養学」です。

ぼくの場合、分子栄養学にもとづいて推理していくと、犯人は「腸」でした。

だから、断食や食事療法をおこなって腸内環境を整えたら、鼻炎は消えてしまったのです。
 
花粉症の原因だって同じです。鼻や目が悪くて症状が出ているわけではありません。


どこか別のところにあります。

腸に穴があいている、有害金属が蓄積している、体内でカビが増殖している

隠れた食物アレルギーがある、腸が小さな家事を起こしている、ミトコンドリアが稼働してない
 
などなど・・・。


花粉症のあなたは毎年春が憂鬱でしょうが、春はあなたが死ぬまで毎年やってきます。

「また来年も花粉の季節が近づくたびに憂鬱な人生を送る」

「根っこの原因を突き止めて、毎年春が待ち遠しい人生を送る」
 
どちらが幸福な人生なのかは、もうおわかりですよね。

 
台風や地震で家が流されても、頭の中の知識は一生盗られることのない財産になります。

自分や家族を健康にするために、一生使える知識を身につけませんか?

鍼灸師歴13年。いまはカラダに触れていません。

鍼灸師歴13年。

24年間苦しんだ鼻炎を断食や食事療法で完治させ
3年間再発ナシ。


幼少期から耳鼻科に通ったり、薬を飲み続けたり

寒さが苦手で沖縄移住するも
  鼻炎は、1ミリも治らなかった。


アレルギー症状がなくなったら別人のように
冬が大好きになり


長野に別荘を買い、北欧1ヶ月旅を敢行。

苦手な季節や天候がないことがどれほど
幸福なことか
一人でも多くの人に伝えたい

「自分のカラダは自分にしか治せない」

をモットーに
2年間で700人以上の
方に栄養アドバイスを行う。


いまは全くヒトのカラダに触れることなく
オンラインのみでアトピーやアレルギー症状
の治療に携わる日々。


クライアントさんと二人三脚で体質改善
の最短コースを目指す


体質改善プログラムMUIの主催。

中村さんがパソコンを見ている画像_edited.jpg

こんな3つの経験をしていませんか?

1_edited_edited.jpg

テレビやネットの健康情報
がうさんくさく感じている

2_edited.jpg

どんな健康法も数ヶ月で飽きて
しまう自分に嫌気がさしてしまう

3_edited.jpg

仕事で活かすために健康の知識を
アップデートしたいと感じている

このどれかの項目に当てはまる方こそ、この動画講座が役に立つかもしれません。

血液検査の結果で不足している栄養素を特定できたり

今までどんな医者からも指摘されなかった自分のカラダの新事実が発覚したら
 
明らかにあなたの人生は好転するのではないでしょうか?


ちなみにぼくは、分子栄養学のおかげで


鼻炎の根本原因が「腸」であること

圧倒的に「亜鉛」が不足していること

体内に「水銀」と「鉛」が蓄積していること

人と比べて「ビタミンD」が足りていないこと

体内に「乳酸菌」が全く存在していなかったこと

 
ザッと書いただけでも、これだけ多くの具体的なことが明らかになりました。


雑誌に載っている「栄養不足チェックリスト」みたいなものをやっても

結局自分には何が足りないのかイマイチ特定できないし

仕事に活かせるレベルの知識には届きません。​


 
テレビや雑誌では載ってない「あと一歩先の知識」にこそ症状を治しきるための答えが隠れてます。


そのぶん難しい話もありますが、専門知識や用語はなるべく使わずに表現しているので

一般の方でもついてこれる内容に仕上がっています。

 



なぜ自分の健康は自分で守らなければいけないの?

私たちは病気になれば保険を使って安い
値段
で医療が受けられる国に住んでいます。 

でも果たして今後も同じ値段で
同じ医療が受けられるでしょうか?

日本の医療費はドンドン増え続け
今では一人あたり毎年33万円の
医療費を支払っている計算になります。

毎年ヨーロッパ旅行ができてしまう金額を
ぼくたち国民は病院に落としているわけです。

このお金はどこかから湧き出てくる
無限のお金ではありません。

国のなけなしのお金から
支払われているお金なのです。

国の財政がキツくなってくれば
この先4割負担や5割負担に増えることは
容易に想像がつきます。

6.png

毎月病院でもらってくる2,000円の薬が
3,000円や4,000円に
跳ね上がったら
あなたの生活はどう変わるでしょう?


きっと、生活レベルを下げざるを得なくなり
家庭の財布事情はもっと苦しくなるはずです。

そう、ぼくたち日本人のだれもが
自分で自分の健康を

管理できるようにならなければいけません。

健康保険料も年金保険料も
ジワジワと毎年負担が増えていますよね。
 
医療費も上げられるのは目に見えています。
 
その時はある日突然急に訪れます。
 
そう、新元号と同時に
全世界を襲ったコロナウイルスのように。


「非常時の準備は、平常時にするもの」

ぼくはコロナが起こって
一段とその思いを強くしました。

せっかく汗水垂らして働いたお金を
病院に落とさないようにする方法は一つ。

“自分自身が正しい健康知識を身に付けること”

ただこの一点に尽きます。

根性と気合いで甘いものをやめようと
思っていないでしょうか?


1日1分のストレッチを実践して
あなたの体質は改善したでしょうか?

いつまでも健康でいてほしいあなたの大切な人
は、
いま不健康ではないでしょうか?

ダイエットの成果が出ていないのに
ダイエット方法だけ
詳しくなっていないでしょうか?


もうお遊びはやめて
一生錆びることのない永遠の知識を

手に入れましょう。
 
分子栄養学は、細胞や代謝レベルで
カラダをひもとく学問なので

すべてが科学的根拠に基づいている
地に足のついた知識が
手に入ります。

5.png

 

​ご購入者の感想

はじめまして、こんにちは。いつもTwitterで有益な情報ありがとうございます。

中村先生なら信頼できると考え、今回分子栄養学講座を申し込ませていただきました。
その結果、予想以上に盛り沢山の内容で、正直びっくりしました。

また、分かりやすいイラストと、丁寧な解説で、初心者の私でも楽しく学習することができました。
特にアドバンスにある健康診断の結果が面白かったです。

おかげでこれから毎年の健康診断の結果を見るのが楽しくなりそうです。

炭水化物=糖質+食物繊維というのは知っていましたが糖質と糖類の違いについては
曖昧だったのでこの動画はとても勉強になりました。

糖類ゼロと書かれると健康そうに見えるのでメーカーは上手いなぁって感じましたね。

アミノ酸を桶に例えたのが分かりやすかったです。
 
タンパク質を沢山摂るのは普段から心がけてましたがアミノ酸スコアとか
バランスとかは気にしてませんでした。

購入させて頂きました!これ、本当に29,800円でも安いです。今回のコロナ割…有難いですね…

やっぱり身体って食から出来てるんだと改めて思いましたね…

サプリの飲み方シリーズなんて、これ以上無いくらい分かりやすいです。

このコンテンツ最強です。特典も楽しみです!勉強させて頂きます!

 

商品ラインナップと内容

(引用:httpswww.nippon.comjajapan-datah00561).png
中村さん用の画像.png
13.png
23.png

コロナが収束するまでの間だけ、コロナに
ちなんで「56.7%OFF」で提供いたします。

動画版が ¥29,800 → ¥12,907

テキスト版が ¥6,600 → ¥1,000

となるお得なセット。

テキスト版があると、電車内でもスマホで読めるので便利です。

テキスト版は動画版の文字起こしをしたものなので内容は同じ。

※お渡しはDVDや書籍ではなく、リンク先URLです。

動画版画像.png
13.png
22.png

コロナが収束するまでの間だけ、コロナに
ちなんで「56.7%OFF」で提供いたします。

自宅で過ごす時間が有り余っている今こそ、

知識をアップデートして有意義に過ごしましょう。

※お渡しはDVDではなく、動画リンク先のURLです。

 

そのため、お支払い完了の1分後には動画を再生することができ、DVDプレイヤーを準備する手間もありません。

テキスト版画像_edited.png
14.png
17.png

動画版の文字起こしをしたものなので、内容は同じです。

スマホで閲覧できるので、

毎日の通勤時に電車で読むこともできます。

※お渡しは書籍ではなく、PDFデータです。

体質改善プログラムMUI」の参加者様には無料提供しています。

また、動画版+テキスト版、動画版をコロナが
収束するまでの間だけ特別価格で提供いたします。
 

コロナが収束したら通常価格に戻しますので、今のうちにご購入を検討ください。 

(現在「赤」「緑」の単品販売はいたしておりません。)

ダラ見でわかる分子栄養学 -赤- 内容
(5時間54分)

第1章…分子栄養学とは

第2章…五大栄養素について
 
第3章…現代人あるある病
 
第4章…バイオロジカル検査
 
第5章…最速で症状を治す三原則

3_edited_edited.jpg

・分子栄養学の基本的な考え方
・炭水化物について
・「糖類ゼロ」は「糖質ゼロ」じゃない
・炭水化物は「質」で決まる
・コーラとサツマイモ
・タンパク質について
・ヒトはタンパク質のかたまり
・アミノ酸の桶理論
・脂質について
・ケトン代謝とは?
・ビタミンの種類
・ビタミンB1ってどんなもの?
・ビタミンB2ってどんなもの?
・ビタミンB3ってどんなもの?
・ビタミンB5ってどんなもの?

・ビタミンB6ってどんなもの?
・ビタミンB12に関すること
・葉酸のはたらき
・ビタミンCのこと
・ビタミンAのはたらき
・ビタミンDのはたらき
・ビタミンDの濃度を測ろう
・ビタミンEとは
・ミネラルの3つのはたらき
・シーソーの関係
・毛髪ミネラル検査について
・カルシウムについて
・マグネシウムについて
・ナトリウムについて
・カリウムについて

・亜鉛について
・銅について
・鉄について
・ミネラルまとめ
・リーキーガット症候群について
・カンジダについて
・副腎疲労について
・遅延フードアレルギー検査について
・毛髪ミネラル検査について
・有機酸検査について
・最速で効果を出す三原則
・ストレスを取り除く
・腸内環境を良くする
・食べないものを決める
・24年間苦しんだ2つの根本原因


(以上、5時間54分)

ダラ見でわかる分子栄養学 -緑-  内容
(5時間58分)


第1章…慢性症状が起こるメカニズム
 
第2章…血液検査の読み方
 
第3章…サプリの効果的な使い方
 
第4章…分子栄養学を活かす食事術
 
第5章…全症状に共通する治療法

2_edited.jpg

・エネルギーをつくるメカニズム
・すべての慢性症状はこうして起こる
・どんな代謝を目指すべき?
・血液検査を読む前に
・貧血関連
・タンパク質関連
・肝臓関連
・脂質関連
・血液検査がすべてではない
・サプリを使う目的とは
・ビタミンB群の飲み方
・ビタミンCの飲み方
・ビタミンAの飲み方
・ビタミンDの飲み方
・ビタミンEの飲み方
・オメガ3のこと
・オメガ3と結膜炎
​・タンパク質サプリの飲み方

・ミネラルを吸収させる4つのコツ
・鉄サプリの飲み方
・その他のミネラル摂取方法
・1日必要量と栄養学的所要量
・サプリの選び方のコツ
・サプリが効かない3つの理由
・自分に必要なサプリの見つけ方
・糖質のとりかた
・血糖値スパイクの避け方
・失われるものを補う
・グルテン除去について
・糖代謝を完全燃焼させる
・タイ米と日本米
・どんな炭水化物をとるべき?
・タンパク質のとりかた
・プロテインスコアとは
・タンパク質を吸収できない人
・どんなタンパク質をとるべき?

・脂質のとりかた
・飽和脂肪酸のとりかた
・オメガ3,6,9のとりかた
・オメガ3サプリのとりかた
・ビタミンB,Cのとりかた
・ビタミンAのとりかた
・ビタミンDのとりかた
・ビタミンEのとりかた
・ミネラルのとりかた
・鉄のとりかた
・亜鉛のとりかた
・マグネシウムのとりかた
・全症状に共通する4つの治療法
・エネルギー不足を解消する
・糖質制限する
​・便通を良くする
・炎症を取り除く

 

(以上、5時間58分)

 

 

この商品を買わなくてもいい人

下記に当てはまる方は、この商品を買わないほうがいいかもしれません。

症状が多岐に渡り過ぎて、もはや自分では手がつけられない方

お困りの症状で生活や症状に支障が出ており、学ぶどころではない方

その道のプロに体質改善の最短コースをプログラムしてもらいたい方


学習欲があっても、学ぶだけの身体と精神の余裕がない方は、途中で挫折しやすいです。

すでにいろんな症状に悩んでいて、学ぶどころではない方は

体質改善プログラムMUIの無料相談をご検討ください。


また、こんな方も、この商品を買うべきではありません。

病気は医者に治してもらうものだと思っている方

自分も周りの人も健康に関して一切困ってない方

試験に受かるためのテストで知識を必要としている方


いまだに病気は医者に治してもらうものだと思っている方や

現時点で健康に困っていない方は、この商品を買うタイミングではありません。

そして、試験に受かるための知識を必要としている方も、この商品は不要です。

この商品は、悩んでいる症状を改善させるための実用的なスキルだけを詰め込みました。


よって、テストに出るような専門用語や

不必要な細かいメカニズムについてはスルーしています。


以上に当てはまる方は満足できない可能性が高いので

商品を購入されないようご注意ください。